DLZiHP0でも立ち上がれ!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ココロブレイブ 39 勇者炎竜ドラグブレイザー編

<<   作成日時 : 2019/05/13 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

WUNのチトギエリアにある機獣鬼団の寺院、我々チームココロブレイブが特訓を始めて数日が経過した。そしてこの日に再び機獣鬼団と再戦する事になる。だがこれがあの出来事に繋がる事をまだ私達は知らないのだった。


機獣鬼団寺院の裏にあるジャングルフィールド

ココロ「あれから数日たったんですが皆さん特訓の成果が生かせるかな…」

むーちゃん「なんでもあの鬼川に負けたってね、どうなる事やら…」

ココス「でもどうするんだろうね、機獣鬼団の戦術に対してドラ達どうするか。」





画像


ハンターG(オーヴェイン)「あいつら今度はどうやってきますかね?」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「どう来ようとも俺達はそれを迎え撃つ、それだけだ。いいな野郎共!!」


画像


砲撃部隊「イエッサー!!」

画像



近距離中距離部隊「イエッサー!!」

画像


格闘戦部隊「イエッサー!!」


鬼川(アイアンコングブロウクン)「ハッハッハッハ!!この陣形を敗れる物なら破ってみな…だが上空から奴らの動きは既に捕えて…ん?」

ハンターG(オーヴェイン)「団長…チームココロブレイブの姿が見えませんが…」

ドガォォォォォォ!!!

鬼川、ハンターG「!?」


ドラ(ブレイヴドラグーン)「ウォォォォォ!いくぞブレイヴドラグーン!」

ブレイヴドラグーン「グォォォ!!」

空中部隊「うわあああ!!」

画像



鬼川(アイアンコングブロウクン)「何!?上空部隊がやられただと!?」

ドガァァァ!!


シーブックアバター(F‐91)「物理分身で翻弄してやるよ!!」

近距離部隊「早い!」

近距離部隊「奇襲攻撃です!奴等も姿を隠して攻撃してきます!」


鬼川(アイアンコングブロウクン)「ほお考えたな…」


「大変です!前線の部隊が…」


画像


もち妖精「もぁちぃ〜」

格闘戦部隊「な、なんだこいつらぁ!?」

画像


もち妖精「もちー!!」

突撃部隊「こちらの攻撃を妨害しています!しかもプニプニしててこいつらダメージが与えられません!」

画像


シル(フェネクスデストロイ)「さあみんな!前線部隊の妨害をお願いね!」

もち妖精「もっちー!」


ズバァァァァァ!!!

砲撃部隊「うわぁぁぁ!!」

島津アバター(戦国アストレイ改)「これで砲撃は封じたわい!」

画像



エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「…!!」

砲撃部隊「くっ!!」

画像



鬼川(アイアンコングブロウクン)「ほお…!見つかる前に上空部隊を叩き、前線部隊を封じ込め砲撃部隊を潰したか…!」

ハンターG(オーヴェイン)「奴が来ます!!」

画像


ドラ(ブレイヴドラグーン)「勝負だ鬼川団長!!今度こそ勝って見せる!いくぞブレイヴドラグーン!」

ブレイヴドラグーン「ウォォォ!!」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「短時間でこちらの戦法を破りやがったか!数日間ここで特訓したのは無駄じゃなかった様だな!」




回想


シーブックアバター「機獣鬼団の陣形を破らないとまず鬼川さんの元にまでたどり着かないね…」

島津アバター「ここ数日間修行は続けてみたが、ワシらのバトルスタイルでどれだけ良い戦術が作れるかの…」

エミヤアバター「まずは機獣鬼団の戦術を破る、これだけを考えてみるしかないだろう。」

ドラ「ああ…しかしこの包囲網をどう切れ抜けるか…まともに戦っていたらこっちが消耗するか時間切れになってしまう…」

シル「…」

もち妖精「もっちぃ〜」

ココロ「…あ…」

ドラ「もち妖精…それだ!!シルさん!」

シル「え!?」

ちびゴルザー「どうやら思いついたみたいだな。」




現在



ドラグブレイザー「ヘッドオン!上空の部隊を撃破してシルさんのもち妖精で前線部隊をかく乱して翻弄し、戦わずに前線を切り抜ける隙を作る!そして砲撃部隊の撃破…!そのまま鬼川さんの元まで進撃する!!」

画像


ハンターG(オーヴェイン)「くっ!まさかそんな戦法でここまでくるなんて!」

バトルゴルザー2「そういうこった!あいつらなめんなよ!!」


ドラグブレイザー「鬼川さん!今度こそ貴方から一本とります!」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「面白いな!だが前線部隊はこの程度で足止めされる奴等じゃねぇ、後ろからすぐにお前の元にくるぞ。」



シーブックアバター(F‐91)「おっと前線部隊は俺達が通行止めにしてるよ!!」

画像


島津アバター(戦国アストレイ改)「このまま撃破したるわ!!」

シル(フェネクスデストロイ)「もちのみんなに頑張ってもらっている…私達もここで食い止めないと!!」

もち妖精「もぁちぃ〜!!」

画像


前線部隊「ダメです!完全に妨害されて動けません!!」



鬼川(アイアンコングブロウクン)「まじかー…」


ドラグブレイザー「だから俺は今ここで貴方と一騎打ちで決着をつける!!」


ハンターG(オーヴェイン)「おっと俺を忘れるなよ!!」

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「そうはいかん!!」

ハンターG(オーヴェイン)「げっえ!?」

チームココロブレイブの対機獣鬼団の戦術は成功した、いやまだだ。
私が鬼川さんに勝たない限り、この戦いには勝利出来ない。
みんなが突破口を開いてくれた、後は私が鬼川さんに勝つだけだ!!

画像


ドラグブレイザー「プライムコア・プライムナックル!!うぉぉぉぉ!!」

ドガァァァ!ドゴォォォォ!!

鬼川(アイアンコングブロウクン)「やるじゃねぇか!だが…まだ甘いな!!」

ドガァァァ!!

ドラグブレイザー「まだまだぁぁぁぁ!」

ドゴォォォォ!



ココロ「す、すごいです…」

むーちゃん「今回は相当な激戦になってるわね…」

ココス「なんか暑苦しいね。」



画像


鬼川(アイアンコングブロウクン)「うぉぉぉぉぉぉ!!」

ドラグブレイザー「どりゃぁぁぁぁぁ!!」

ドゴォォォォォ!!

互いの拳がぶつかり合った。
この戦いは長期戦になると確信する、だからこそここで退けをとる訳にはいかない!
この時はそう思った。

しかし…

ドシュゥゥゥゥ!!

ブリムストーン「おらよっ!」


ドォォォォ!


ドラグブレイザー「なっ!?」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「ぬっ!誰だ、人の勝負の邪魔する野郎は!!」


画像


ブリムストーン「こりゃまた久しぶりだな、チームココロブレイブだったか?」



ドラグブレイザー「お前達は暗黒委員会…!!」

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「!!」

バトルゴルザー2「肝心な時に邪魔しやがって!」

ハンターG(オーヴェイン)「敵の幹部っすか!?」


竹処暴彦麿(ガルバルディ彦摩)「いかにも、久々でおじゃるな。お主はそのドラゴンを奪いどうやら自分の物にしたらしいがこの程度で余を倒せるでおじゃるかのぉ」

ドラグブレイザー「竹処暴彦麿…!」

ブレイヴドラグーン≪ガォォォ…≫


鬼川(アイアンコングブロウクン)「ここは休戦にした方がいいな…いけるか!?」

ドラグブレイザー「…はい!奴等の狙いは自分の持つプライムコアです…!!」

竹処暴彦麿(ガルバルディ彦摩)「その通りでおじゃる、今日までこの時を待っていたでおじゃるしかもそちらのゴリラはもうひとつ持っているとな。ならば一気に頂くでおじゃる!!」

鬼川(アイアンコングブロウクン)やれるもんならやってみな!!」

ドラグブレイザー「今度はお前を倒す!もう2度とWUNに入れない様にしてやる!」

画像


暗黒委員会の竹処暴彦麿とブリムストーンが乱入した。
奴等はいうまでもなくプライムコアを奪うつもりだ。
そうはさせない、この世界を守る為にも、この戦いの邪魔をさせない為にも私は奴等を倒す!
そして…その先に…。

続く。

※この作品は実在の人物、団体とは一切関係ありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ココロブレイブ 39 勇者炎竜ドラグブレイザー編 DLZiHP0でも立ち上がれ!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる