ココロブレイブ 40 勇者炎竜ドラグブレイザー編

チームココロブレイブと機獣鬼団の対決は暗黒委員会の乱入で中断となった。そして私は鬼川さん達と共に邪魔に入った暗黒委員会のブリムストーンと竹処暴彦麿を倒すべく共に戦うのだった。しかしこの後だった、本当の悪夢の始まりは。

画像


竹処暴彦麿(ガルバルディ彦麿)「シフトエレメントでおじゃる!!」

ドラグブレイザー「これは!?」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「フィールドを変えやがった!?」

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「それだけではない…俺達は閉じ込められたぞ…」

バトルゴルザー2「らしいな!」

ハンターG(オーヴェイン)「げっ!けど話は早い奴等を撃破すれば!!」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「おいまて!!」

竹処暴彦麿(ガルバルディ彦麿)「ほお、余に挑む気でおじゃるか。甘いでおじゃる!!」

スパァァァ!ドガァァァ!

画像


ハンターG(オーヴェイン)「うわぁぁぁ!!」

ドラグブレイザー「ハンターGさん!!」


ドゴォォォ…

ハンターG(オーヴェイン)「うぅ…」

竹処暴彦麿(ガルバルディ彦麿)「次にこうなりたい者はどいつでおじゃるかの~?」

画像


鬼川(アイアンコングブロウクン)「てめぇぇぇ!!」

アイアンコングが突撃した、しかしガルバルディに翻弄されてしまう。

ドラグブレイザー「このぉぉぉ!!」

竹処暴彦麿(ガルバルディ彦麿)「ホッホッホッホッホ!以前の麿と思ったら大間違いでおじゃるぞ!」

竹処暴彦麿のガルバルディ彦麿は以前のガルバルディよりも性能が高くなっていた。
やはり暗黒委員会の幹部…手ごわい!!」

バトルゴルザー2「うおっ!!」

竹処暴彦麿(ガルバルディ彦麿)「和菓子より甘いでおしゃるぞ~!!」

ドラグブレイザー「なんて強さだ…」


シーブックアバター『ドラちゃん達聞こえるかい!?こっちも暗黒委員会が乱入してきたんだ!」

ドラグブレイザー「なんだって!?こっちは竹処暴彦麿が現れたよ…!」

シル『私達は機獣鬼団の人達と一緒にどうにか撃破していきます!」

島津アバター『あとで合流するで!』

ドラグブレイザー「了解!」



ブリムストーン「お前の戦法は知っているぜ!だから俺様が通行止めしてやるぜ!」

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「ちぃっ…!なら俺はお前を潰してくれる!」

画像



鬼川(アイアンコングブロウクン)「この野郎!避けてばかりいるんじゃねぇ!!」

竹処暴彦麿(ガルバルディ彦麿)「単に殴るだけ余を倒せると思ったら間違いでおじゃるぞ~!?」

画像


アイアンコングブロウクンの連続攻撃を避け続けるガルバルディ彦麿、

ドラグブレイザー「うおぉぉぉ!!」

画像


竹処暴彦麿(ガルバルディ彦麿)「プライムコアのパンチでおじゃるか…少しは考えたの。だがそれだけで余を!暗黒委員会のフーラオ会長を倒せると思うなでおじゃる!!」

バトルゴルザー2「フーラオ会長…!?」

この時、その名に何か引っかかりを覚えた、しかし考えてる場合ではない。
まずはこの竹処暴彦麿を倒さないと!!

画像


ブリムストーン「どうよ!この狭い空間じゃお前達には不利だろ!?」


エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「…!」

ハンターG(オーヴェイン)「…うっ…」

ドラグブレイザー「…くっ…!!」

竹処暴彦麿(ガルバルディ彦麿)「フフフ…じわじわと倒してやるでおじゃるぞ…!」


鬼川(アイアンコングブロウクン)「ドラ!!使え!」

その時だった。
プライムナックルにあのオニキスプライムのコアがセットされたのだ。

ドラグブレイザー「これは…鬼川さん…!!」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「認めてやるよ!今のお前なら使えるはずだ!さああのムカつく平安貴族に拳を叩き込んでやろうぜ!!」

ドラグブレイザー「…はい!!」

鬼川さんがオニキスプライムコアを私に託してくれたのだ。

画像


ブリムストーン「おっと俺達の狙いはそれよ!!」

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「邪魔はさせん!!」

ブリムストーン「ぎょっ!?」

画像



竹処暴彦麿(ガルバルディ彦麿)「それだけで何が出来るでおじゃる!フハハハハ!!」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「いくぜぇ!!うぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

ドラグブレイザー「はい!ウォォォォォォォ!!感じるぞビーストパワー!!いっけぇぇぇぇぇ!!」

ドガァァァァァァァァ!!!

画像


竹処暴彦麿(ガルバルディ彦麿)「げぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?!?!」

ドガァァァァァァァァァァァァ!!

アイアンコングブロウクンのパンチとドラグブレイザーのオニキスプライムによるビーストパワーを纏ったパンチがガルバルディ彦麿に直撃し大きく弾き飛ばした。

画像


ドラグブレイザー「どうだ!これが一撃必殺だ!!」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「そうだぜ!鬼川をなめんなよ!!」

ブリムストーン「お、おい竹処暴彦麿さんよ!」

竹処暴彦麿(ガルバルディ彦麿)「お、おのれえ!!ぎょっ今の一撃でガルバルディが…だが…だが…フーラオ会長が来れば…!!」

ブリムストーン「ああ、そうだぜ…じゃあ頼みますよ会長!!!」


バトルゴルザー2「何!?てめぇら!!」

ドラグブレイザー「撤退した…!?」

竹処暴彦麿とブリムストーンが撤退した、しかしこれで終わりではなかった。

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「…!!この反応は!!まずいぞ!!すぐに俺達も退いた方がいい…」

ドラグブレイザー「えっ!?」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「何…うっ!?」

ドゴォォォォォ!!!

シフトエレメントが破れ、そこから爆炎が飛び交った。
そして目の前に現れたのは…

ハンターG(オーヴェイン)「…うぇっ!?」

バトルゴルザー2「あいつは…!!」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「なんだと…!?」

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「来たか…!」

ドラグブレイザー「…あれは…マジンガーZERO!?」


画像


フーラオ会長(マジンガーZERO)「我は暗黒委員会会長フーラオなり…今ここにお主達を木端微塵にしてくれる…!」

暗黒委員会の親玉が出た瞬間だった。
だが…なんだこの既視感は…!?

続く。

※実在の人物・団体とは一切関係ありません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック