DLZiHP0でも立ち上がれ!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ココロブレイブ 41 勇者炎竜ドラグブレイザー編

<<   作成日時 : 2019/05/15 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

マジンガーZEROがとてつもない波動を放ち、辺り一面が火の海と化した。そして爆炎の中から我々は飛び出した。その光景はチトギエリア全域が焼き尽くされ燃え広がり続けていた。今ここに暗黒委員会・会長フーラオが立ちはだかったのだ。

ドラグブレイザー「…これは!?」

バトルゴルザー2「チトギエリアが火の海になっちまった…」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「あ、あの野郎!!」

画像



フーラオ(マジンガーZERO)「フハハハ…このアーマーバトル専用マジンガーZERO…まだ試運転ながら流石と言うべきだわい…」

ドラグブレイザー「マジンガーZERO…!」

バトルゴルザー2「まさかこんな所でこいつが出て来るなんてよ…」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「てめぇ!!よくもチトギエリアを!!」

画像


ハンターG(オーヴェイン)「や、やばいですよ…こいつは…」

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)

画像



機獣鬼団員「団長!!」

シーブックアバター(F‐91)「ドラちゃん!」

シル(フェネクスデストロイ)「ドラさん!」

島津アバター(戦国アストレイ改)「ザコは倒したがまずい事になっとるぞ!」

ドラグブレイザー「みんな!」

ココロ『大変です!チトギエリアが壊滅状態になってます!』

むーちゃん『アンタ達も逃げた方がいいわよ!』

ココス『ねえ…あれって…』


シーブックさん達と合流した、しかし…

画像


機獣鬼団員「よくも俺達のチトギエリアを!!」

「ゆるさねぇぞ!!」

「やっちまうぞー!」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「やめろお前等!!お前達でどうにかなる奴じゃねぇ!!」


機獣鬼団の人達がマジンガーZEROに突撃するがもう手遅れだった。

画像


フーラオ(マジンガーZERO)「…ブレストファイヤー!!」

ドォォォォォォォォォォォォ!!!

ドラグブレイザー「なっ!!」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「…お前らぁぁぁぁぁ!!!!」


マジンガーZEROのブレストファイヤーの威力は凄まじく突撃した機獣鬼団の機体は全て焼き尽くされてしまった。
そしてこの同時に突撃した人達はその攻撃によってアバターそのものも消滅してしまったのだ。

画像


ハンターG(オーヴェイン)「…そんな…」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「…あいつら…なにやってんだ…」

シーブックアバター(F‐91)「なんて奴だ…」

シル(フェネクスデストロイ)「ひどい…どうして…」

島津アバター(戦国アストレイ改)「慈悲もあったもんじゃないわい…」

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「…!!!」


ドラグブレイザー「どうしてこんな事を…!」

バトルゴルザー2「なあ…会長さんよ…一つ聞いていいか…?」

フーラオ(マジンガーZERO)「言いたい事は分かってるぞ、ドラ、そしてゴルザーよ。」

ドラグブレイザー「なんで俺とゴルザーの事を!?…うっ!?」

画像


ドラグブレイザー「ラオフー!?」

ココロ『えっ!?』

むーちゃん『なんですって!?』

ココス『うそ!!?』

フーラオ(マジンガーZERO)「フフフ…」

バトルゴルザー2「おい、お前ラオフーなのか!?なんでこんな事しやがった!?」

ドラグブレイザー「どうしてこんな事を…」

私とゴルザー、ココロ達が驚愕するのも無理は無かった。
暗黒委員会の会長フーラオの正体はかつて共に過ごしたあの賢者ラオフーだったからだ。
私は未だに信じられない。
何故彼がこんな事を…

画像


フーラオ(マジンガーZERO)「ワシが暗黒委員会を立ち上げた理由、それはこの世界の完全制圧、そして現実と世間に背ける者達を強制し普通の姿にする。更にはお前達の様な奴らしか好まん文化の完全排除!最終的には他の世界も制圧する!それが暗黒委員会、ワシの目的だ…!」


ドラグブレイザー「…なんだそれは…ラオフー…そんな事を考えていたなんて…ウソだろ…」

バトルゴルザー2「…!」

ココロ『ウソです!!私達の知ってるラオフーさんはそんな事考えるはずありません!!」

むーちゃん『ここ数年間しばらく姿を見せてないと思ったらまさか…こんな形で再会するなんてね…』

ココス『信じられないよ…』


フーラオ(マジンガーZERO)「これが現実よ…今の世は腐っとる!それを正す為にワシは行動したに過ぎん!」


シーブックアバター(F‐91)「ドラちゃんの知り合いなのか…!?」

シル(フェネクスデストロイ)「ちょっと待って!人を強制するってどういう意味なの!?」

ドラグブレイザー「なんなんだよ…お前が言う普通って…」


フーラオ(マジンガーZERO)「今の世は、様々な価値観を持った者達で溢れ混沌に満ちている…人間も妖精も…価値観と考えの違う者達が溢れかえるせいで醜い事や争い事が起きるのだ。更には通常とは違う異常な考えを持った者などもおり世の中を混沌と化しているのではないか!ワシは…それを全て統一する事が最終目的なのだ!!」

なんだそれは…とてもあの賢者ラオフーの考える事とは思えない…まるで別人だ…別人?

ドラグブレイザー「…!!」

島津アバター(戦国アストレイ改)「だったらこんなバカげた事してええと思ってるんか!?ワシも確かに普通とは違う…だがそれを強制する違うじゃろ!!」

ココロ『そうですよ…ラオフーさん…そんなの貴方らしくない!!』

ドラグブレイザー「嘘だといってくれ…」

バトルゴルザー2「…!」

フーラオ(マジンガーZERO)「これが現実じゃ…ドラよお主の持つプライムコアを渡すがいい、ワシはそれを全て手中に納めその力で世を全て完全に支配しなければならんのだ。」

ドラグブレイザー「…」

ドォ!!

鬼川(アイアンコングブロウクン)「てめぇの目的がなんだろうがどうでもいい…!俺の仲間わよくもやりやがったな!!」

ハンターG(オーヴェイン)「鬼川さん!落ち着いてください!ここは…!!」

機獣鬼団員「団長…俺達は…」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「…そうだな…!生き残ったお前等はすぐにここから撤退してチトギエリアにまだいる人々を非難させろ!!俺はここで奴を止める!」

ココロ『ココロ達も手伝います!』

むーちゃん『しょうがいなわね!』

ココス『今は…そうするしかないよね…』

ドラグブレイザー「みんな…頼む…!」

鬼川さんは感情を抑え残った機獣鬼団の人達にチトギエリアに取り残された人達を非難させる様に指示をだし、
ハンターGさん達を撤退させた。
ココロ達もそれを手伝う。

画像


エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「ドラ、お前の知り合いかもしれないがこんな事になった以上、我々は奴を倒さねばならん。いいな?」

シル(フェネクスデストロイ)「ドラさん…」

ドラグブレイザー「…」

バトルゴルザー2「サーガ…!」

ドラグブレイザー「…分かった…!!」

島津アバター(戦国アストレイ改)「やるしかないで!!」

シーブックアバター(F‐91)「くるぞ!!」


画像


フーラオ(マジンガーZERO)「今すぐに楽にさせてやる…この世界から消えて現実に戻るがいい!アイアンカッター!」

ドォォォォォォォォ!!

ドラグブレイザー「早い!!うっ!!」

島津アバター(戦国アストレイ改)「ぬっ!うおおおおお!?」

ドガァァァァァァァァ!!

画像


ドラグブレイザー「島津さん!!うわぁぁぁ!!プライムナックルが!」

ドガァァァ!!

画像


マジンガーZEROのアイアンカッターが途轍もない破壊力で襲い掛かり島津さんのアストレイの両腕を破壊してしまう。
オニキスプライムコアをセットしたプライムナックルで対抗したがマジンガーZEROのアイアンカッターの威力に圧倒されてしまった。

シル(フェネクスデストロイ)「うああ!!」

シーブックアバター(F‐91)「最初からヴェスバーと物理分身で勝負だ!!」

フーラオ(マジンガーZERO)「甘いわ!!サザンクロスナイフ!!」

ズタズタズタズタズタズタズタ!


画像


マジンガーZEROが放った無数のサザンクロスナイフが襲い掛かる。

シーブックさんのF‐91とシルさんのフェネクスをたった一瞬で追いつめてしまった。

シル(フェネクスデストロイ)「きゃぁぁぁ!!」

シーブックアバター(F‐91)「うわぁぁ!!」

ドラグブレイザー「みんな!!」

画像


バトルゴルザー2「サーガ!今はやるしかねぇぞ!!」

ドラグブレイザー「ああ…!ベクタープライムコアセット!メタルホーク!!いっけぇぇぇ!!」

ドシュゥゥゥゥゥ!!

画像


フーラオ(マジンガーZERO)「甘いわぁぁぁぁ!!!」

ズガァァァァァァァ!!!ドガァァァ!

マジンガーZEROはビームをものとせずアイアンカッターでドラグブレイザーに切りかかった。

画像


まるで一撃必殺の連続だ、このままじゃやられる!

画像


エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「そうはいかん!!」

フーラオ(マジンガーZERO)「むっ!」

エミヤさんが奇襲を仕掛けた。
だが…

ズジャァァァァ!!

ドラグブレイザー「エミヤさん!」

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「ぐぅっ!!」

ケンプファーアサシンが全力でシュツルムファウストを放ち連続射撃を繰り広げた。
しかしマジンガーZEROのアイアンカッターがケンプファーアサシンの左腕を切り裂いた。

鬼川(アイアンコングブロウクン)「うぉぉぉぉぉ!!」

ドゴォォォォォ!

画像


アイアンコングブロウクンも殴り掛かる。
しかしマジンガーZEROにはビクともしない。

鬼川(アイアンコングブロウクン)「仲間の仇を撃たせてもらうぜ!」

フーラオ(マジンガーZERO)「愚かな!!」

ズシャァァァァ!!

鬼川(アイアンコングブロウクン)「うぉぉぉ!?」

ドラグブレイザー「エミヤさん!鬼川さん!」

画像


アイアンコングブロウクンの腕も切り裂かれてしまう。
戦闘力に差があり過ぎた。
このままでは…

ドラグブレイザー「ラオフー…!もうやめてくれ…!!」

フーラオ(マジンガーZERO)「この世がまともになればな…」

ドラグブレイザー「お前の言うまともってなんだ!?そんなのは1人よがりじゃないか!!」

フーラオ(マジンガーZERO)「黙れ!!世がもっとまともならば…ワシは…俺はこんな事にならなかったんだ!!」

バトルゴルザー2、ドラグブレイザー「!?」

なんだ?今一瞬だけ、何か違和感をかんじた。

画像


ユリ虎(ダブルオーヴァルキリー)「これ以上はさせナイ!!」

ドシュンドシュンドシュン!!

ムゲンドラゴン「うぉぉぉぉ!!」

その時エレメントナイツのユリ虎さんとムゲンドラゴンさんが駆けつけた。

ドラグブレイザー「チャンピオン!!」

シル(フェネクスデストロイ)「ユリ虎さん!」

ユリ虎(ダブルオーヴァルキリー)「チトギエリアが壊滅寸前になってるって聞いて飛んで来たワ!まさかこんな事になってるなんて…!!」

ムゲンドラゴン「このままでは崩壊するぞ…!!」


フーラオ(マジンガーZERO)「チャンピオンが来たか…だが無意味!!」

ドガァァァァァァァァァァ!!

画像


ユリ虎(ダブルオーヴァルキリー)「うっ!!」

ドラグブレイザー「チャンピオン!ダブルヒートブレード!!」

画像


ガキィィィ!ガギィィィ!

フーラオ(マジンガーZERO)「その程度か!!」

ドガァァァ!!!

ドラグブレイザー「ぐぁぁぁぁ!!うっ!エミヤさん…!?」

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「…!ドラ…」

画像



バトルゴルザー2「ラオフー…!こうなりゃやむおえねぇ…WUNじゃ30秒しかなれねぇが…こいつになるしかねぇ!!VR!!」


ゴルザーは力を増幅させ本来の姿であるヴォルケーノリターンゴルザーの姿になった。
だがカオスワールド以外ではその力故にVRの姿を維持する時間は限られてしまう。
その上一度使えば数日以上は同じ力を出す事が出来ない、
ましてWUNではたった30秒以下しかもたないのだ。

それを今ここで使うのだ。

VRゴルザー「ファイヤートマホーク!!」

ガキィィィィ!ガキィィィ!!

フーラオ(マジンガーZERO)「ぬっ!!」


シーブックアバター(F‐91)「ゴルザー!?」

VRゴルザー「お前等はここから退け!今のままじゃコイツにはかてねぇ!!」

シル(フェネクスデストロイ)「…はい!」

島津アバター(戦国アストレイ改)「うう…」

シーブックさん達を退かせる事が出来た。

マジンガーZEROが襲い掛かる。

フーラオ(マジンガーZERO)「光子力ビーム!!」

ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!

VRゴルザー「ディアボロス・テラ・ブレイザー!!!」

ドォォォォォォォォォォ!!!

ドラグブレイザー「ゴルザー!!」

光子力ビームとゴルザーの必殺技が相殺し爆風を巻き起こした。
爆風から飛び出したのは時間切れとなってちび姿となったゴルザーだった。

ちびゴルザー「す、すまねぇ…」

ドラグブレイザー「なんて無茶するんだ…けどありがとう…」

鬼川(アイアンコングブロウクン)「うう…」

私はちびゴルザーをキャッチし負傷した鬼川さんのアイアンコングブロウクンを抱える。

そして目の前には動じないマジンガーZEROが未だ立ちはだかっていた。

フーラオ(マジンガーZERO)「ふん、所詮は気休め程度だったな…」

ガキィィィィ!!

ユリ虎(ダブルオーヴァルキリー)「くっ!」

ムゲンドラゴン「ユリ虎…一旦退くしかないぞ…!!」

ドラグブレイザー「エミヤさん…貴方は本当に…」


ココロ(コアファイター)「皆さん!!」

画像


むーちゃん(セントゲイル)「チトギエリアのいた人達の避難は終わったわ!!」

ココス(ボルドガルド)「こっちも撤退しないとまずいよ!!」

ユリ虎(ダブルオーヴァルキリー)「けど…このままだと奴も追ってくるワ…!!」


エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「いや…ここは俺が食い止める。」

ガキィィィ!!

フーラオ(マジンガーZERO)「まだ逆らうか!!」


ドラグブレイザー「エミヤさん!!」

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「ドラ…!この世界をよろしく頼む…!」

ドラグブレイザー「…!」

画像


エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

ガキィィィ!!

フーラオ(マジンガーZERO)「ぬぅっ!!!」


そして

ユリ虎(ダブルオーヴァルキリー)「みんな…今からここからセントラルシティまで非常用の強制送還するワ!けどそれには時間が1分間必要になる!それまでに彼に…食い止めてもらうしかない…!!」

ムゲンドラゴン「…」

ドラグブレイザー「…エミヤさん」

ココロ(コアファイター)「ドラさん…」

シル(フェネクスデストロイ)「…」

シーブックアバター(F‐91)「…くっ…」

ちびゴルザー「…」

強制送還が始まった。あと1分はエミヤさんを除いてここにいる面々は撤退する。
エミヤさんは…

フーラオ(マジンガーZERO)「邪魔するでないわ!!」

ドガァァァァァァ!!

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「ぐっ…ぬぉぉぉぉぉぉ!!」

ドォォォォ!

画像


ケンプファーがタックルをかましマジンガーZEROを食い止めた。

その一瞬を付き、我々は強制送還されるのだった。
そして同時にチトギエリアは完全に封鎖されるのだった。

ガキィィィ!!

画像


フーラオ(マジンガーZERO)「ここから熱線を浴びれば命はないぞ…」

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「そうだな…」

フーラオ(マジンガーZERO)「何故貴様が残った?」

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「俺に出来るのはこれくらいだからさ…そう…」

フーラオ(マジンガーZERO)「貴様の異端な奴じゃわい…」

エミヤアバター(ケンプファーアサシン)「ああ…全くだ…」

その瞬間ブレストファイヤーが放たれ彼の乗るケンプファーを焼き尽くすのだった…

ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!




数日後  WUN セントラルシティ市街地

『先日の暗黒委員会会長フーラオの襲撃によりチトギエリアが壊滅し早数日、現在復旧のめどは未だ立っておらずWUN全体で不安の声が上がってます。
またチトギエリアで活動していたアーマーバトルチーム機獣鬼団は団長鬼川氏を始め負傷者が多数、戦いの中アバター消滅し犠牲になったアーマーバトル戦士も多く出てしまいました。
WUN運営も迅速に対応中でありますが現時点では利用者の安全を優先しセントラルシティを始め各エリアの防衛強化と一部エリアを封鎖する事の声明を発表しました。』


シーブックアバター「…」


WUN ココロブレイブベース


シル「あれから数日経ちましたが…これからどうなるんでしょうか…この世界は本来みんなが楽しむ為に作られてそこでみんなが笑顔になれる様に自由に満ちた世界のはずですよね?」

もち妖精「もちぃ…」

むーちゃん「そうね…だけどそれを良く思わない奴が現れた、その為にこの世界を制圧する奴がいる。」

ココス「もうなんていえばいいか分らないよ…」


画像


鬼川「…」

ドラ「鬼川さん…」

鬼川「おう、戻ったか。やられちまったな。」

ドラ「はい…」

ブレイヴドラグーン「グゥ…」

鬼川「わりぃな修理にここ借りちまって。他のファクトリーも満杯なもんでな。」

島津アバター「いや困った時はお互い様じゃ。…そうじゃの…」

ドラ「…少し外の空気吸ってくる」

鬼川「…」

島津アバター「割り切れんのお前だけじゃないで…」


WUN セントラルシティ

ドラ「…エミヤさん…あの時エミヤさんが時間を稼いでくれなかったら…」

ちびゴルザー「やられていたな…」

ドラ「…」

ココロ「ドラさん…」

ドラ「…なあ…一体どうしてこうなったんだろうな…」

ココロ「…」

ドラ「…うう…うわぁぁぁぁぁぁぁ…!」

私は泣いた、自分の力の無さに彼が犠牲になってしまった事を。
そう、この戦いで彼はそれ以来姿を消してしまった。
いやアバター自体が消滅しもうこの世界に来る事は出来なくなっただろう…。

そして同時に

何故ラオフーが?彼は確か再びカオスワールドで暮らしていると聞いたいたが…
一体何があってあんな事になってしまったのか。

ちびゴルザー「サーガ…その事なんだが俺はあれがラオフーの考えとはおもえねぇんだ。」

ドラ「…分かるよ、なんとなく。」

ちびゴルザー「だがあれはラオフーだった。だがラオフーであってラオフーじゃねぇ。何か裏があるぞ…!こりゃ…」

そして私は誓う。

ドラ「…プライムコアをなんとしても見つけだして…暗黒委員会を叩き潰す…そしてあれが本当にラオフーなのか、突き止めなければならない!今出来る事は…それだけだ…!!」

ココロ「…ドラさん…」

この戦いはこの時から変わり始めたのだった。

続く。

※実際の団体・人物とは一切関係ありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ココロブレイブ 41 勇者炎竜ドラグブレイザー編 DLZiHP0でも立ち上がれ!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる