勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 宝は世界花

プロッサムヒルの世界花がある都市に向かって迫る影があった。 ホーンガイスト「どりゃああ!」 アーマーガイスト「うおぉぉ!!」 サンダーガイスト「どぉぉぉ!!」 プテラガイスト「とぉっ!!」 ガイスター達が現れる。 ドシュゥ!! ホーンガイスト「うおっ!?」 サクラ「あらあら、正面か…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 過去の彼、いずれ

ブロッサムヒル 王城 城内訓練場 エクスカイザー、そしてガイスター達がスプリングガーデンに現れて数日。 世界花を宝と見なしたガイスター達に対して警戒態勢が敷かれる中、 我々はガイスターの捜索を行っている。 しかし奴等が何処にいるか全く見当つかず見つからずじまいだった。 ドラ団長「あれから数日経つけどガイスターの奴等…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 潜伏する奴等

スプリングガーデン ブロッサムヒルとリリィウッドの国境付近の森林 ダイノガイスト「それでおめおと戻ってきたという訳か馬鹿者共ぉ!」 ホーンガイスト「へい、ですがあの花騎士って小娘連中思ったより厄介でして…」 アーマーガイスト「そうそう、ちょこまかするわ魔法だの連発するわで…」 ダイノガイスト「ふん、そんな物…ワシ…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 傷つく事とは

ブロッサムヒル 城内訓練場 アネモネ「…」 コウタ「アネモネお姉ちゃんー」 アネモネ「コウタくん、どうしたの?」 コウタ「掃除してるのかなって思って、エクスカイザーも一緒だよ」 エクスカイザー「随分と熱心だと思ってね、掃除が好きなのか?」 アネモネ「うん、汚れを見るといてもたってもいられなくなってね。…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 この日の夜

ブロッサムヒル 団長寝室 エクスカイザーと協力してガイスター対策会議後、 その後の雑務も色々あり仕事を全て終えて疲れ切った所で寝室まで戻ってきた。 ちびゴルザー「随分疲れてるんじゃないか?」 ドラ団長「みりゃ分かるだろ…」 ここ最近疲れが多くなってる気がする、団長と言う職務についてからなのか。 休む時間も少な…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 宇宙海賊襲来

ブロッサムヒルの街の入り口にいきなり現れたガイスター四天王。 ホーンガイスト「エクスカイザー!てめぇもこの世界にきてやがったのか!」 アーマーガイスト「どこ行っても俺達の邪魔しやがって!」 アブラナ「アンタ達がガイスターね!」 ギンラン「好き勝手にはさせませんよ!」 セントポーリア「悪い事をするんですか…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 勇者と花の世界

神秘で広大な宇宙、 異世界が数多くあれば宇宙も数多く存在し多くの命が生きている。 そしてある宇宙のある異世界の一つ、命溢れる世界スプリングガーデンに悪の異世界人のの魔の手が迫る中、ある異世界人が来訪する。 宇宙警察エクスカイザーである、これはスプリングガーデンを守る花騎士達と共に戦う異世界の勇者達の物語である。 深夜 ス…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 撃退、更に来訪

上空からセカンドガン、地上からコンボスが襲ってくる。 アッグスモッグル(コンボス)「ドカンと一発撃ちかましたるわ!」 ドシュンドシュンドシュン!!ドドドドドド!! コンボスが走行モードにチェンジしてライフルガンを連射して背中のミサイルを乱発しながら突撃してくる。 アブラナ「わっと!!」 ギンラン「ですが…!…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 悪の異世界人再来

ヒガンバナ「それで?今日はどうだった?」 ドラ団長「今日の討伐任務、突然あいつ等が現れたが…」 ブロッサムヒル フォス平原 大型ハチ型害虫「ギャォォォ!?!?」 ズシィィィ! ロケア「今だよ!」 ワタル(龍神丸)「ひっさーつ!!登龍けーん!!」 ズパァァァ!ドガァァァ!! ドラ「ふ…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 加入と異動

ブロッサムヒル 執務室。 ブレイザー騎士団の戦力と戦術、ワレモコウ等と相談しつつここまでの課題で必要になったのは新たな仲間を呼び、連携の幅を広げるという結論に至った。 ナズナにも相談し別の国の騎士団からこちらに誰かこれないと頼み込んだ。 そして…。 ドラ団長「と、いう訳で今回ブレイザー騎士団に移籍してきたのが…」 …
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 苦労

ブロッサムヒル 訓練場 ドラ団長「アブラナ、調子はどうだ?」 アブラナ「もう大丈夫よ、あの程度の怪我ぐらいどうって事ないから!」 セントポーリア「けど油断は禁物ですよ~?」 アブラナ「…言われたくないけど肝に銘じておくわ…」 ドラ団長「ふう…」 ウルトラマグナス「苦労してるな、ドラ」 ドラ団長「…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 判断

その日も害虫が街の付近まで侵攻していた。 私は皆を指揮していた、そしてそんな中。 アブラナ「たぁっ!」 ガキィィ! カマキリ型害虫「ジャア!」 アブラナ「えっ?!」 ドラ団長「!」 その一瞬だった、 ワタル・龍神丸と共にアブラナを前線に行かせて害虫に切り込む。 しかし刺客をついた害虫が奇襲を仕掛…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 屋敷

ウィンターローズ 屋敷 オンシジューム「わーいわーい♪」 マイドアリ「ガフッガフッ♪」 千代錦「わん、わん♪」 カトレア「はあ退屈ね…ねえ紅茶はまだかしら?」 グリムロック「オレ、グリムロック。持ってきた。」 ウィンターローズにある花騎士カトレアの住む屋敷。 花騎士カトレアは世界花の恩恵を強…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 西の荒野にいる地獄

西の荒野とリリィウッドの境界線付近にある防衛基地。 この西の荒野はかつて国が栄えていたらしいが世界花が枯れた事で崩壊、 そこから害虫が発生したと言われている。 この防衛基地にいる花騎士達は西の荒野から現れる害虫が侵入しない様に戦っている。 そしてここに異世界人も滞在していた。 海動(マジンカイザーSKL)「俺達がいる内…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 これからの鍛錬

ブロッサムヒル外郭 ブロッサムヒル、リリィウッド、ウィンターローズの国境が入り混じりその特異な地形から害虫の出現が後を絶たない。 そしてこの日、この地域を根城にしてる極限指定害虫を討伐任務の真っ最中だ。 イモムシ害虫プリーズラオぺ「ギィィィ!!」 大型イモムシ害虫マイマイマイガー「ガァァァ!」 サソリ型害虫サ…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 碑文の文字

ブロッサムヒル 王城広間 ドラ団長「そういえばワレモコウ、俺がいない間にバナナオーシャンで見つけたっていう碑文って言うのをもう一度確認してもいいか?」 ワレモコウ「休暇の時バナナオーシャンでペイサボールした時にみつけたです?ここに碑文の写しを持っているです?」 ドラ団長「なんて読むんだろうな…」 ちびゴルザー「お…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 害虫討伐に向けて

ブロッサムヒルで騎士団長として花騎士達と共に害虫と戦い日々、そして団長職務を務める日々が続いた。 ブロッサムヒル王城 騎士団執務室 ドラ「極限指定害虫の巣が確認されたか…」 バンブル「相当狂暴な奴がそこを根城にしてるって事だよね?」 ナズナ「はい、ご存じの通りここ近年そのクラスの害虫の目撃情報も相次いでいます。」…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 いつものアイツ

正月、ブロッサムヒルに帰るべくリリィウッド経由で行く。 オニユリと途中で別れ、また再会を約束し帰路を進む道中。 リリィウッドは初詣で賑わっていた。 ドラ団長「お~みんな新年から元気だな」 ヒガンバナ「新しい年になればみんな賑わう物ね、あらゴルザーがいないけど…?」 キルタンサス「あいつ迷子にでもなったんじゃない?」…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 年末のこの一日

スプリングガーデンの年末、各所は何処も大忙しだ。 ブレイザー騎士団もここまでの任務をおえようやくつかの間のひと時が訪れる。 しかしまさかベルガモットバレーまでいく事になろうとは。 ベルガモットバレー ヒガンバナの洋館 ちびゴルザー「やれやれ、俺がバトルゴルザーになってお前達を乗せてひとっ飛びして来たと思えば…」 ド…
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 続・花咲き誇りし世界編 クリスマスとシャケ

ブロッサムヒルのクリスマス、この日は皆が楽しみな日のはずだった。 だが突然舞い込んできた事態に大混乱していた。 オニユリ「あっお師匠さま!」 ヒガンバナ「オニユリじゃない!それからその師匠って呼び方やめてっていってるでしょ。」 ドラ団長「この人もしかして…」 ヒガンバナ「そっ前に言っていた勝手にアタシを師匠呼ば…
コメント:0

続きを読むread more