テーマ:小説

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 武者

ベルガモットバレー 人里離れた小屋 ガンライコウ「これが今作ってるからくり人形ダイゾー参号機…」 武者頑駄無「おおっこれは誠見事なからくりではないか!」 ガンライコウ「ホントに…?」 武者頑駄無「さようでござる、ここにある発明品は全てガンライコウ殿が作ったであろう?拙者これまた感激で感激で~」 ガン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 各地

昔々の物語、古の時代。 西に栄えた黄金の国にとても美しい女王様がいました。 女王様は国中の人々から愛されていましたが、誰にも叶えられない願いの為に、異世界の魔王と約束をしてしまいます。 …それは永遠の命を得る代わりに、魔王をこの世に招待すること… 女王様は魔王の力でみるみると若返りました。 ですがそれもつかの間… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 ×の字斬り

ベルガモットバレー 谷の道中 アブラナ「はっ!!」 シュッ! シバラク「…ふんっ!」 キィンッ!! アブラナ「受け止めた!?」 アブラナのレイピアの突きをシバラク先生は二本の刀を×の字の形にして受け止めた。 セントポーリア「おお~!」 騎士ガンダム「見事…」 ナズナ「ふ、花騎士の剣を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 侍

ベルガモットバレー 谷の道中 シバラク「ある日拙者がいた神部界を歩いてた時、突然空間を裂いた穴に吸い込まれてしまい、気がついたらこのスプリングガーデンと呼ばれる世界に来てしまったのだ。それにしても害虫が蔓延りそれを戦う花騎士とな…いやはや驚きであるな…。」 ナズナ「ワタル君のお師匠さんなんですよね?」 ワタル「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 危機一髪

ベルガモットバレー 白百合街道より先の険しい道のり ようやくベルガモットバレーの国境を超える事が出来た。 そこで数匹程の害虫と遭遇するが。 ダイアトラス「害虫共!俺の前に現れるとはいい度胸だ!!」 害虫キリリ・カーマ「!?!?」 ドシュゥゥ!!ガシィィィ!! ダイアトラスがビームガンを放ちカマキリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 新たな同行者

突然上空から現れたのは極限指定害虫を真っ二つにしたあのトランスフォーマー・サイバトロンパワードマスター司令官ダイアトラスであった。 そして共にいたのが同じくパワードマスターのソニックボンバー。 ナズナが足を挫いてしまった為我々ブレイザー騎士団は一旦リリィウッドの街に戻り彼女の怪我が完治するまで待機する事にした。 リリィウッド …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 遭遇

リリィウッドからベルガモットバレーへ行く国境付近、時期に森を抜ける所だった。 リリィウッド白百合街道・ベルガモットバレー国境付近 害虫達「キュ~…」 コマンドガンダム「まっこんなもんか。」 ワタル「ありがとう龍神丸、けどこれからまた激しい闘いになるからまた呼ぶかもしれないね。」 龍神丸「私なら大丈夫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 その先に

ブロッサムヒル フレイザー騎士団拠点 今日は雨の日だった。 ドラ団長「ベルガモットバレーか…」 ナズナ「今度の任務は長期になりそうです、ベルガモットバレーにいる騎士団と合流して討伐任務、そこから共に西の荒野とベルガモットバレー国境に現れる害虫を討伐してほしいとの事です。」 騎士ガンダム「次の戦いは少々厄介そうにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 理由

ブロッサムヒル ブレイザー騎士団拠点 ドラ団長「…。」 私は窓からブロッサムヒルの街並みを見ていた。 キルタンサス「どうしたのよ、ぼーっとして。書類整理まで終わってないんでしょ?」 ドラ団長「そっかーまだ残ってるか…」 ナズナ「どうかなさいました?」 ドラ団長「さてさて…うーん…」 ブレイヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 救世主

ブロッサムヒル ガルデ城塞近郊 この日この付近に多くの害虫達が突如進撃を開始してきたのだ。 しかもここはウィンターローズ国境にも近い、そちらへの進行も止めなくてはならない。 既に精鋭の他の騎士団の精鋭の花騎士達が迎撃に出ている。 我々ブレイザー騎士団も戦線に加わっていた。 害虫ショウブアリ「ギィィィ!!!」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 少年

ブロッサムヒル フォス平原 害虫一同「キュ~‥‥」 ドラ団長「今回もみんな大活躍だったな、なんか最初の時よりたくましくなってるよ。」 アブラナ「当たり前じゃない!そろそろ大きな任務でもくるんじゃないかしら?」 セントポーリア「けど流石に数が多くて大変でしたね~」 騎士ガンダム「彼女達も本当に強くなった、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある誰かの思い出と記憶、その先へ

それが私にとってひとつのはじまりだった その本を開いた時 こことは違う何処かを見る事が出来るらしい これが彼との出会いだった あたしは生まれた時から強い魔力を持っていた けどそれが原因で魔力を制御出来ずに周りから奇異で目で見られ…家族からも除け者にされていた 「何も悪いことしてないのに…」 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の奥の記憶

あの頃私は全くもて愚かだったかもしれない。 一つ上の夢をみた、そこまで頑張れば私はそれを手に出来たかもしれない。 だけど現実は地獄、ゆるく言えばムリゲーだったと私は思う。 その時はもしかしたらその思いが叶うと幻想を抱きすぎていた。 ≪お前はそれを壊した≫ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 想い

ブロッサムヒル ブレイザー騎士団拠点 コマンドガンダム「騎士の旦那、俺はふと思った…まさかと思うが俺達がこのスプリングガーデンに迷い込んだって事は…」 騎士ガンダム「私も同じ事を考えていた。もしやと思うがあの武者頑駄無も来てる可能性がある。」 アブラナ「なにそれ…まさかアンタ達以外にももう一人いるって事?」 騎士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 騎士道

ブロッサムヒル ナディア平野・商業都市スカネ付近 ナズナ「千年前、害虫初めて現れた時に花騎士も時同じくして誕生し現代に至るまで戦いは続いています。」 騎士ガンダム「千年前から彼女達は世代を超えて戦い続けている訳か、とても気の遠くなる話だ…」 コマンドガンダム「最初に俺も聞いた時はビックリしたぜ、花騎士ってのは半端ねえっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 正義

私がスプリングガーデンに迷い込み早だいぶ経つ。 元いた人間界…ゴルザー達がどうしてるか気になるが帰れる手段が未だ見つかってない。 害虫ショウブアリ「ウガァァァ!!」 害虫ドスーム「グゥゥゥ!!」 騎士ガンダム「人間に仇なす害虫め、何度立ち塞がろうと無駄だ!!うぉぉぉ!!」 騎士ガンダムが突撃し害虫ドスー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 武人

ブロッサムヒル、近郊の平原 害虫チョイヨワ虫「ギギャ!?」 ドゴォォォ! ユキヤナギ「おりゃぁ!!」 コマンドガンダム「ボンバァァァ!くたばりやがれ!!」 ズドドドドドドドド!!! 害虫チビカーマ「!!!」 ドォォォ!!! ユキヤナギ「やーコマンドガンダム、さすが歴戦の戦士って感じっす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 訪問

ブロッサムヒル、ブレイザー騎士団拠点 コマンドガンダム「ううう…!あー害虫共を蜂の巣にしたくてしょうがねぇ~!!」 セントポーリア「コマンドガンダムさん、ここ数日戦闘に出るなりすぐに乱射してきますね~」 コマンドガンダム「そりゃ俺は常に戦場の世界で生きてきたからな!おい訓練所使わせろ!!マシンガンを撃ちたくてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 来訪

ブロッサムヒル 都市近隣平地 ナズナ「これは…何か爆発した様な痕跡が拓さんりますね。」 ドラ団長「害虫がこの辺りに現れたと聞いたけど、誰かが戦っているって事か?だとするとまた…」 ギンラン「異世界人さんでしょうか…」 ワレモコウ「可能性…ありです?」 アブラナ「あそこっ!害虫達がいる!」 セントポーリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 指揮官

極限指定害虫との戦いから二日後。 ブロッサムヒル ブレイザー騎士団拠点 ブレイヴドラグーン「がーう」 ドラ団長「はあ…お前も悔しいか?」 ブレイヴドラグーン「がーう!」 ドラ団長「そうだよな、あの害虫に苦戦してる様じゃこの世界では生き残れない…WUNの時とは大違いだ…!あの時も命がけになった…けどその時はみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 猛威

ブロッサムヒル フォス平原 ドガァァァァ!! アネモネ「くっ…はぁぁぁぁ!!」 ハクモクレン「うぉぉぉぉ!!」 ドガァァァ!!ズパァァァ!! 害虫ショウブアリ「グァァァ!!グゥゥ…」 この地に無数の害虫達が襲撃した。 花騎士のアネモネとハクモクレンが応戦していた。 アブラナ「てりゃぁぁ!!」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 一時

ブロッサムヒル 図書室 ドラ団長「害虫は千年前から西の荒野から現れる…か…」 私はブレイヴドラグーンを肩に乗せて改めてこのスプリングガーデンの歴史を調べていた。 ドラ団長「それ以前は害虫も元々は平和に暮らしていた生き物だったんだよな…」 ブレイヴドラグーン「がう」 ワレモコウ「ご主人?」 ドラ団長「ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 巨大な戦士

害虫ヨワ虫「キィィィ!!」 アブラナ「たぁっ!」 ズバァァ! アブラナが一直線に連続で剣を突き刺していく。 セントポーリア「倒しちゃいますよ~」 スバァン!ズバッ! 害虫カマキーリ「!?」 セントポーリアが連続でその剣で切りかかっていく。 ギンラン「はっ!!」 ダダダダ!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 任命

このスプリングガーデンに迷い込み数日、 私とブレイヴドラグーンに騎士ガンダムはベルガモットバレーのフラズベルグ渓谷を抜けリリィウッドに足を踏み入れ、森林地帯の道なき道をゆき更に数日。 害虫と鉢合わせする事もしばしばだったがドラグブレイザーで戦い騎士ガンダムとの連携もありどうにか切り抜ける。 そして我々がブロッサムヒルの国境にたどり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 道中

花咲きし世界に迷い混み早数日、同じ様に迷い混んだ同行者と共に旅路を行く私と相棒の竜は道中人に仇なす害虫を蹴散らしながら先を行く。一先ず何処かで休みたい物だ。気が付けば深い森林に入っていた。 #ある放浪者の記録 pic.twitter.com/YhpKyAmT0a— ドラグナイトモン@手洗いうがい消毒だー! (@doraguv…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 花咲き誇りし世界編 転移

何処か知らない場所、そこはまるで秋を連想させる自然にあふれた場所だった。 そこに佇む洋館。 「う…うん…?」 ブレイヴドラグーン「がう!」 「はっ!」 私は目覚めた。…見渡すとここは洋風の部屋?私はベッドで寝ていた? そうだ、私はあの時竹処暴彦麿を倒した後…時空の裂け目に吸い寄せられて…! ブレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー 竹処暴重工の逆襲 消化試合

人間界に現れた暗黒委員会の残党らしき機体を追ってドラグブレイザーとなって討伐しにいく日が数日続く。 数も出現も少数ではあるがやはり東北地方に密集して現れている事が分かった。 そして自分も地元の山中にて… ドラグブレイザー「うぉぉぉ!!」 ドォォォォ!! プルーマ「!!」 モライマーズロボ「!!」 ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者炎竜ドラグブレイザー・竹処暴重工の逆襲 暗雲

私はドラ、相棒のブレイヴドラグーン、ゴルザーと共に幾つもの戦いを繰り広げた者だ。 信じるか否はかは好きにしてほしい。 暗黒委員会との戦いが終わってしばらく経つ、 人間界では私もゴルザーもブレイヴドラグーンものんびりしている…と言いたい所だが今世の中は未知のウィルスの脅威に侵されているのは周知のはず。 そんな中人間界…また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

70 暗黒委員会決戦編 完

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

69 暗黒委員会決戦編

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more